【米国株式】2020年8月末ポートフォリオ

ポートフォリオ

こんにちは、バンカーインベスターのTです

9月に入ってしまいましたね

年度ベースでも半期末が近づいてきました

コロナによる在宅勤務などの影響もあり、

普段よりも時がたつのが早い気がするのは

私だけでしょうか??

しっかりと目標をイメージしながら、

毎日少しでもそれに近づく行動をしていくことが大切ですね

今回は

8月末の米国株式ポートフォリオの状況

についてお伝えします

2020年8月に受け取った配当金

2020年8月に受け取った配当金は

217.89ドル(23,072円)

となりました。

今月の配当金受け取りは6銘柄

単月での受け取り配当金が

初めて200ドルの大台

を突破しました!!

2020年8月の配当銘柄

  1. PFF:$6.68
  2. T:$33.71
  3. VZ:$11.07
  4. BTI:$60.02
  5. ABBV:$18.06
  6. GAZP:RUB6,477($88.35)

2020年8月末ポートフォリオの状況

全体のパフォーマンスは

前月比+2.4%

前月の▲4.8%からのプラス圏回復しております

でも、NYダウは前月末比で+7.6%も上昇しているんですね

いやあ、相場は至って堅調ですね

対して、私のポートフォリオは、石油、金融の下げがキツイ状況です

ガスプロムからの配当金を受け取りました!!

今年の1月と3月に取得した初めてのロシア株式である

ガスプロム

から念願の配当金を受領しました。

ガスプロムは、ロシア政府が50.23%の株式を保有している

半官半民(?)の天然ガス独占企業

全世界の23%に相当する5,237.9億㎥天然ガス生産高(採掘量)を誇り、

埋蔵量の17,800㎦は、世界の38%を占めると言われており、

世界の天然ガスを独占しているといっても過言ではない企業です

 

私の保有している簿価は、

104,700ルーブル

であることに対して、税引き後の配当金が

6,277ルーブル

となりました。

 

配当利回りは

6.19%

となります。

 

高い利回りであることは事実なのですが、

ロシア政府の政策により大きく方針が変わる可能性があること、

配当が年1回であることが、

残高を増やしにいきづらいところです。

2020年8月の売買銘柄

買い、売りともになし

2020/3/19 以降、何も買っていません

不動産取得もいったん流れてしまっているので、

今月は少しでも追加投資したいと思っています

候補は

AT&T、BTIあたりでしょうか

あとは

暴落している石油、金融株に手を出すかどうか

それこそ、

落ちているナイフを拾うかどうか

ですね

今後の投資方針

2020年も8ヶ月が経過し、

受け取った配当金は

937ドル

年間2,000ドル超は受け取れる試算でしたので、

無配、減配の影響をもろに受けてしまっていますね

ただ、今この瞬間で配当金が欲しいわけではありませんので、

将来的なキャッシュフロー収入積み上げのため、

地道に投資していくことが大切ですね。

 

サラリーマン投資家ランキング

米国株ランキング