【株式投資】どうなる株式市場??

日本株式

こんにちは、バンカーインベスターのTです。

安倍首相が辞任してしまいましたね。

ここ1~2週間、動きが怪しかったので、何かあるだろう、と思っていましたが、

残念な出来事ですね。

安倍首相、7年半もの間、お疲れさまでした。

さて、どうなる株式市場

1.安倍首相在任中の株価推移

安倍首相の辞任報道を受けて、先週金曜日の日経平均株価は

一時、前日比600円超の下落となりました。

終値は326円安まで戻されており、引き続き底堅さも見せている状況です。

【第二次安倍内閣発足後の日経平均株価の動き】

いろいろな批判はありますが、安倍内閣発足時の日経平均株価は10,230円

最近ではコロナウィルスによる影響を受けて、株価は下がったとはいえ、昨日の日経平均株価は22,882円と約2.3倍に上昇。

アベノミクス

と銘打った金融緩和策により、厚化粧しながらなんとか株価を上げてきたのではないかと思います。

2.株式相場の見立て

コロナウィルスの感染状況がよくならない中、株価だけは堅調に推移しています。

さて、来週以降の株価はどうなっていくのでしょうか?

安倍首相の辞任もネガティブサプライズですが、それ以上に多くのネガティブな要因が続いている中、株価だけは堅調に推移しています。

そう考えると、安倍首相辞任後も簡単には株価は下がらないんでしょうね。

どちらかというと米国株式市場の動きに引っ張られて上昇している感じがありますので、国内情勢より海外情勢の影響を受ける可能性が高そうな感じがしています。

私の投資状況

1.短期投資と長期投資

私の株式投資手法は、短期投資と長期投資の2本立てで取り組んでいます。

既に2つの投資手法ともにベア(売り)スタンスに転換しています。

短期投資については、6月の時点からベア型のETFである

1357 日経ダブルインバース

にシフトしています。

【株式投資】高く売って、安く買う

こんにちは、バンカーインベスターのTです。 今週は会社からのボーナス支給日でした。 私の会社は前年度の成果に応じて、年度が明けたこの6月にボーナスが支給されます。 そのため、コロナ禍により先行き不透明な状況ではありますが、今回のボーナスはその影響を受け受けることなく、支給されました。 ありがたい限りです。 …

長期投資についても、徐々に現金化を進めており、下落に備えている状況です。

【株式投資】アセットアロケーションを実行!!(Part2)

こんにちは、バンカーインベスターのTです。 今週、長期目線で投資している2つのポートフォリオにおいて、 アセットアロケーションを実施しました。 本日は、そのうちの確定拠出年金でのアセットアロケーションの状況をお伝えします。 制度自体は2012年4月からスタート。

2.1357 日経平均ダブルインバース

日経平均ダブルインバースは、簡単に申し上げると日経平均株価の前日比変動率(%)にマイナス2倍を乗じた変動率となるようにな動きするETFです。

インバース型ETFは、下落トレンドにある場合において上昇する指標であるため、将来的に株価が下落していくことを見込む場合には有用な投資商品になります。

私はこれまで、この日経平均ダブルインバースと日経平均レバレッジ(1570)への投資を繰り返すことで投資収益を上げてきておりますが、今回の日経平均ダブルインバースへの投資は長丁場となっている印象を受けています。

久しぶりに8/26に720円で100株購入しました。

これでトータル500株、取得総額411,980円に対して、

時価総額は372,500円、収益率は▲9.5%

という運用状況です。

日経平均株価でいうと21,700円が損益分岐点になります。

10%利益がでても、実額4万円の利益となってしまうので、

もう少し積み上げてもいいのかもしれないですね。

まとめ

私のポジションはベアに傾きつつありますが、

下落で絶対的な収益額を稼ぐには投資額が少ない状況です。

でもメンタル的に下落を祈るって結構厳しいものがありますよね。

でも、これだけ実体経済が悪く、先行きも明るい見通しがないにも関わらず、

株価が堅調に推移するのはおかしいと思う人は私だけなのでしょうか??


サラリーマン投資家ランキング


スイングトレードランキング