【2020年2月】キャッシュフロー収入の状況

ポートフォリオ

こんにちは、現役バンカー兼投資家のプロスイマーです。

2020年も2ヶ月が経過しましたね。

2ヶ月というと短いと感じますが、「1年の1/6が経過」というと、結構時間が経っているな、と感じるのは私だけでしょうか。

これまでも、月末には1ヶ月を振り返るようにはしていましたが、ブログを始めてからは、

この1ヶ月で自分は目標に近づいているのだろうか?

と強く意識するようになりました。

目標は、

45歳までに「フィナンシャル・フリー」実現すること

具体的には毎月、給与外で100万円のキャッシュフローを獲得し、会社に縛られない、自分で人生をコントロールできる状況をつくり出すことを目標としています。

さて、今月はどのような結果となったでしょうか?

今月の投資によるキャッシュフローは?

2020年2月の投資によるキャッシュフロー収入は

507,649円

でした!

これは集計を始めた2018年以降で2番目に大きい数字です。

内訳は以下のとおりです。

1.不動産:230,636円

2.株式投資:151,735円

3.FX投資:85,278円

4.コンサルティング収入:40,000円

今年の投資によるキャッシュフローの目標値を、4号物件が本格稼働する5月ごろまでは、330,000円に設定しています。

目標とする内訳は以下のとおり。

1.不動産:140,000円

2.株式投資:50,000円

3.FX投資:100,000円

4.コンサルティング収入:40,000円

今月は不動産投資での賃借人さまからの更新料というボーナスに加えて、最後に大きく相場が動いたことから、株式投資、FX投資からのキャッシュフローが2月最終週に大きく伸びて、50万円を達成することができました!

不動産からのキャッシュフロー収入

230,636円

稼働は3号物件のみ。

幸いなことに満室稼働が14ヶ月継続しています。

かつ、3部屋の賃借人さまに更新いただきましたので、更新料として1ヶ月分を管理会社さまと折半にて受け取っております。

そのほか、特段コストは発生しておらず、キャッシュフローは家賃収入から管理費用と電気料金、ローン返済を差し引いた230,636円となります。

なお、2020年3月末に竣工見込みの4号物件の募集は順調。

先週申込のあった方は無事契約済み。

それ以外にも4件も申込があるようです。竣工時の満室が見えてきましたので、無事工事が進むことを祈っている次第です。

株式投資からのキャッシュフロー収入

151,735円

米国株式から配当:126.75ドル(13,815円)

キャピタルゲイン:137,920円

(NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信 売り

取得総額1,244,928円 1,300株

売却総額 1,377,048円(税引後)

売却益 132,120円(+10.6%)

(NEXT FUNDS) 原油ダブル・ブル 売り

取得総額 56,250円 50株

売却総額 62,050円(NISA)

売却益 5,800円(+10.3%)

株式投資からのキャッシュフローでは、初めての15万円超えとなりました。

今月は出来過ぎではありますが、安定して10万円/月くらい稼ぎたいものです。

FX投資からのキャッシュフロー収入

85,278円

先週末の段階では28,038円でした。

そこから相場が急落し、為替相場も大きく円高方向にシフト。

ポンド/円、ドル/円の戻り売りにより、1週間で6万円弱、1日1万円のペースで収益を積み上げることができました。

FXで1日1万円ペースで稼げると、不動産からのキャッシュフローと合わせて、サラリーマンからのリタイアが近づいてきます。

やはり相場のボラティリティが高いと稼ぐことができますね、来月も早いうちに稼げるだけ、稼いでおきたいと思います。

コンサルティング収入

40,000円

こちらは友人の会社の経営コンサルティングをしています。

1カ月に1回2時間ほどディスカッションして、経営分析や営業会議資料のほか、買収案件が出てきた場合などにアドバイスしています。

まとめ

来月も不安定な動きが続きそうですね。

これをチャンスととらえて、しっかりとキャッシュフローを稼いでいきたいと思います。


サラリーマン投資家ランキング


不動産ランキング


米国株ランキング