【マイル】マツキヨポイントをANAマイルに交換する方法を紹介します!

マイル

こんにちは、現役バンカー投資家のプロスイマーです。

陸マイラーとしてマイルを貯めています!

投資のひとつとして、2018年から陸マイラーとしても活動しています。

1年間で貯めたマイルは約140,000マイル。まだまだ、陸マイラーというのもおこがましいレベルではありますが、今年は200,000マイルを目指して活動していきたいと思います!

このブログを見ている皆さんと一緒に本当の陸マイラーとなれるようにがんばります!

さて、わたしは普段の生活で、マツモトキヨシとファミリーマートをヘビーユースしています。陸マラー活動として、それぞれどのようにしてポイントを効率的に貯めて、マイルに移行しているのかをご紹介させていただきます。

今日はマツモトキヨシでのANAマイルの貯め方をご紹介します。

マツキヨはANAマイルがたくさん貯まるドラックストア!

  1. ANAカード決済(100円で1マイル)
  2. ANAマイルプラス(100円で1マイル)
  3. マツキヨポイント(100円で0.42マイル)

ANAマイルには移行できませんが、dポイントも貯まります(100円で1ポイント)

1.ANAカードで決済する(100円1マイル)

私の現在のメインカードは、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」です。

固定資産税の支払い時期に合わせて入会し、このキャンペーンでマイル残高を急激に増加させました。

ちなみに今年も固定資産税の支払い時期に合わせて、キャンペーン中のカードに入会し、マイルを爆貯めしようと思っています。

年会費7,700円(税込)に加えて、 ポイントを制限なくマイルに移行することができる「ポイント移行コース(参加費6,600円税込/年自動更新)」に登録しています。

合計で14,300円(税込)必要となっていますが、ポイントの有効期限が無期限となることを考えると十分メリットはあるのではないでしょうか。

このカードを使うことにより、 100円(税込)につき、1マイル貯まります。

2.ANAカードマイルプラス

マツモトキヨシは ANAカードマイルプラス加盟店となっております。

ANAカードで代金を支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に100円または200円(税込み)につき1マイルが貯まるサービスです 。

マツモトキヨシでは100円(税込)につき、1マイル貯まります。

マイル積算対象のANAカードでクレジット決済することが条件になりますので、忘れずに使ってください。

3.マツキヨポイントをANAマイルに移行する

マツモトキヨシにはマツキヨポイントがあります。

マツモトキヨシで買いものすればするほど、ポイント率がアップするステージ制度が導入されています。

これにより100円 (税込)につき、1~3ポイント貯まります。

マツキヨポイントはANAマイルに直接交換もできますが、500ポイント→100マイルと1/5に減少してしまいますので、ひと手間かけてポイント移行していく必要があります。

まずはGポイントに交換しましょう。

500ポイントから交換可能で、Gポイントで350ポイントになります。

その後は、例えばマツキヨポイント1,500ポイントを移行した場合は以下のとおりです。

マツキヨポイント 1,500 ⇒ Gポイント 1,050 

⇒ Tポイント 1,000 ⇒ JRキューポ 1,000 

⇒ 永久不滅ポイント 200 ⇒ ANAマイル 600 

注意しなければならないことが、移行にあたり、移行ポイントの最小交換量と交換単位があること。端数がでないようにうまく調整していく必要があります。

Gポイント⇒Tポイント:100ポイント以上100ポイント単位

JRキューポ⇒永久不滅ポイント:1,000ポイント以上1,000ポイント単位

永久不滅ポイント⇒ANAマイル:200ポイント以上200ポイント単位

私はまだ保有しておりませんが、永久不滅ポイントへの交換にあたり、みずほANAマイレージカードを持っていると永久不滅ポイント100ポイント⇒350ANAマイルに効率的に交換できるようです。

まだ、この交換ルートを試していませんので、実際に必要となる日数については、体験次第にお伝えいたします。

まとめ

マツモトキヨシを利用するにあたっては、

  1. ANAカードで決済する(100円で1マイル)
  2. ANAカードマイルプラス(100円で1マイル)
  3. マツキヨポイントが貯まる(最大100円で3ポイント⇒1.2マイル)

最大で3.2マイル貯まります。

その他dポイントも1ポイント貯まりますので、やっぱり薬局は陸マイラーならマツモトキヨシですね。