人生を自分でコントロールする

ライフスタイル

サラリーマンはやっぱり会社にコントロールされている

こんにちは、現役バンカーのプロスイマーです。

サラリーマンにとって年末年始はまとまった休みとなるだけでなく、異動の季節にもなるのではないだろうか。

この年末年始に親しくさせてもらっている会社の先輩が地方支店に異動となった。子どもが中学・高校生であり、成長期を近くで見守りたいに違いない。

話してみると「不本意ではあるが、やむなし」と。

わたしの勤め先は全国に支店がある。いわゆる総合職といわれる人たちは3~5年単位で職場を異動するが、どのタイミングでどの職場に異動するかは、まったく分からない。

もちろん、その対価として年収が高く、出世の可能性があることも理解できる。仕事がマンネリ化してモチベーションが下がってきたときに異動できるというポジティブな面もあることも理解できる。

今の職場で結果を残し、希望をしっかりと伝えていくことで自分の理想の職場に近づくという人もいる。

ただ、最後に決めるのは会社、やはり自分の人生をコントロールされていることに変わりない。

いまさら何を言う?という人もいるだろうけど、

自分の人生を自分でコントロールしたいと強く思ったできごと。

給料以外の収入源を増やす

2014年から不動産投資をスタートし、キャッシュフローを意識した投資手法に大きく舵を切り、5年。

今年はそのスピードを加速していく。

給料以外の収入源を増やし、1日もはやく人生のコントロールを取り戻す、そんな1年にしたい。

このブログでは、サリリーマンをやりながら収入源を増やしていく方法を、ときにはバンカー目線も加えながら、より分かりやすく書いていきたいと思います。